01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.133】コースト独り旅③~同期の任地訪問その3~ 

こんにちは。気持ちだけケニアからBenzoです。

昨日、主治医の先生から条件付きでケニアに帰任してもよいと言われ、

興奮して深夜2時ごろまでなかなか寝付けませんでした。(笑)

最終的な判断はJICA本部が決定するのでまだなんともいえないところなのですが、

また一歩前進といったところです。

ケニアに戻ったら何から手をつけようと布団の中で想いをめぐらせていたら、

意外にもやることがたくさんあってちょっと焦りました。

さて、そんな今日この頃の療養生活を送るBenzoですが、

今日は久々に4月のコースト旅行の話の続きを書きたいと思います。



さてさて、同期まこっちゃんの任地訪問も後半に入り

そろそろモンバサに移動をしようかと考えていたところ、

活動から帰ってきたまこっちゃんが「明日ウンダニに行こうよ。」

と、誘ってくれました。

ウンダニはボイの町からマタツで2時間ほど行ったところにあって、

標高もナイロビに近いため、コースと近くの町とはいえとても涼しい場所なのだとか。

なぜ、まこっちゃんが突然そんなことを言い出したかというと、

前にも書きましたが、彼はコンピューター技術の他に、

自主的に日本語教育の活動をしています。

で、その日本語の授業もただ教えるだけではいけないと言うので、

実践的なアウトドアレッスンをしたいと考えていたらしいのです。

そんな矢先、僕がひょっこりボイに現れたので、

普段、教員として関わっているまこっちゃんのヘルプとして

急きょ、アウトドアレッスンのお手伝いをすることになりました。

アウトドアレッスン当日の朝、ボイのマタトゥステーションに集合し、

その後、マタトゥ1台を借り切ってウンダニまで行くことになりました。

ウンダニでのアクティビティーはハイキング。

ハイキングをしながら実践的に日本語を使わせようと言うのがねらいでした。

デジカメを持っていったけど、

前の晩に充電するのを忘れて写真が1枚しか撮れませんでした。(爆)

その貴重な(?)写真がこれ。↓

IMG_0778.jpg

朝のマタトゥステージで生徒たちに今日の予定の説明と指示を与えるまこっちゃん。

話を全く聴こうとしない生徒たち。(爆)

生徒たちは日本語の勉強よりもハイキングのほうが楽しみに見えたのは言うまでもなく、

っていうか、間違いなくハイキングのほうが楽しみだったに違いないことでしょう。(笑)

それでも笑顔を絶やさずにニコニコしながら話をし続けるまこっちゃん。

えらいわぁ~。短気な自分なら切れて怒鳴って一括してしまう。。。

見習わないといけないですな。

写真からもわかるように、彼の生徒はすでに高校を卒業しているので、

年齢的には20歳前後の生徒さんたちがほとんどです。

感じ的には、日本で言う専門学校生をイメージしてもらえればいいと思います。

そんな生徒たちと日本人2人の日帰り旅行がスタートしました。

とは言え、いざアウトドアレッスンが始まってみると

生徒たちは日本語の勉強に熱心に取り組んでいました。

マタトゥの中から見える山や畑などの景色を見て、

「ムワリム(先生)、あれは日本語で何と言いますか?」と

スワヒリ語と覚えたての日本語を駆使しながらムワリムまことに聞いていきます。

ムワリムまことも自宅から持ってきたカレンダーの裏を使って単語を書いて説明していきます。

アウトドアレッスンでは、文法のおさらいも大切だとは思いますが、

こうした実物の風景や建造物を見て、

そこから日本語の単語に興味を抱くのもとてもいいことだと思いました。

ウンダニに着くと、休むことなく早速ハイキング開始。

生徒たちは間近に見る家畜や動物、

道の向こう側から走ってくる車やバイクを見ては、

ノートを片手に質問の嵐。

けれども、ハイキングとは言え登った山が険しかったため、

頂上付近になるとみんな日本語の勉強も日本語の指導もできなくなり、

いつの間にか英語とスワヒリ語を交えたフリートークへと発展していきました。

生徒の一人に、

「何でそんなに熱心に日本語を勉強するんだい?

ケニアで日本語を勉強してもあまり使わないんじゃないの?」

と尋ねてみると、生徒は、

「漠然としか計画していないけれども、この学校を卒業したら日本で働きたい。

日本でエンジニアとして雇ってもらえる会社に入るために日本語を頑張って勉強しているんだ。」

と、答えてくれました。

一般的に、協力隊員が派遣されている配属先の同僚や生徒などは、

日ごろ協力隊員と接する機会が多くなるせいか、

日本のことに大きな興味を抱いてくれます。

けれども、その興味が一人歩きをして大きな幻想を抱かせてしまうこともよくあります。

僕と話をした彼の場合も状況は同じで、

日本の外国人労働に対する法律の厳しさや難しさを全く知りません。

たぶん、多くの日本人もこのことに関しては無知なのではないでしょうか。

僕自身も、大学でたまたま少しだけ学んだので知っていますが、

大学で学ぶ機会がなければ、我関せずといった状態になっていたことでしょう。

けれども、そのことを今朝会ったばかりの初対面の彼に話すべきかどうかを悩みました。

色々と考えて、彼にはその話をするのを止めました。

彼は日本に大きな夢を抱いて、日本語の勉強を始めたばかりです。

これが自分の教え子であれば、愛情を持って辛い事実について話すことはあるか思いますが、

自分の教え子でもない青年の大きな夢の足を引っ張る権利は自分にはないと考えたからです。

それに、仮に日本でエンジニアとして働く道が閉ざされてしまったとしても、

今彼が学んでいる日本語がどこで役に立つかわからないからです。

彼のようにアフリカの国で語学に励む学生はたくさんいますが、

そのほとんどは、将来の生活と直結した現実的な目標になっていると言うのが印象です。

ただ、現実的な目標を持つのはいいことですが、

それに伴うプロセスや筋道の立て方を途上国の学生はほとんど知りません。

協力隊員がきっかけで、日本へチャンスを求めて努力を始める学生がいる中、

そうした彼らへ、プロセスや道筋の立て方を少しでも教えていくことが、

協力隊員に課せられたもう一つの責任であるのかもしれません。

Posted on 2012/06/26 Tue. 05:08 [edit]

category: 旅行

thread: 青年海外協力隊(JOCV)  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 1    CM: 0

26

【No.132】病状の経過 

こんにちは、Benzoです。

今日、2度目のCT検査を受けてきました。

検査結果は良好で、中耳の膿もすっきりとなくなっていました。

ただ、音を響かせる骨のなかにかさぶたのようなものができていて、

聞こえが回復するにはまだまだかかりそうです。

主治医の先生からは条件付でケニアに戻っていいと言われました。

あとはJICA判断にゆだねられるところですが・・・。

ケニアに帰任できるかはまだわかりませんが、

明日からケニア帰任の準備をぼちぼち始めようかなと思っています。

Posted on 2012/06/25 Mon. 19:20 [edit]

category: お知らせ

thread: 医療  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 1    CM: 0

25

【No.131】せっかく日本にいるんだから 

こんにちは、Benzoです。

療養帰国とはいえ・・・

ケニアにいた頃から気になっていた映画を見に行きたいと思っています。

その名も「幸せの経済学」。

グローバル化が急速に進む昨今の国際社会。

けれども、実はその中でローカル化を重要視する考え方もあるんです。

僕は、このヘレナ・ノーバーグ・ホッジのを以前に読んだことがありますが、

とても素晴らしい本でした。

そのヘレナさんが手がけたドキュメンタリー映画。

でもなかなか予定が合わない。。。



Posted on 2012/06/21 Thu. 16:40 [edit]

category: つぶやき

thread: 経済  -  janre: 政治・経済

TB: 1    CM: 0

21

【No.130】いらいらいら~ 

いつケニアに戻れるのかわからないという状況と、

耳の治りがここに来て足踏み状態なのと、

昨日の台風の影響で蒸し暑いので、

不快指数全開!!

こんな日は、ビールでも飲むべ。

食後に薬のまなあかんけど・・・

ちょっとくらいなら、はくなまたた。(問題ない)

と、自分に都合のいいように解釈。

日本のスーパーマーケットは寒い。

beer.jpg

Posted on 2012/06/20 Wed. 13:14 [edit]

category: つぶやき

thread: 日常  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 1    CM: 0

20

【No.129】セコムがインドで病院経営 

こんにちは。Benzoです。

コーヒーをすすりながら今朝の朝刊を読んでいたら、

なんでも警備会社のセコムが、インドに病院を建てるとのことが判明。

日本経済新聞より

セコムのビジネスに対する考え方などを詳しく知っているわけではないので、

なんとも言えんのだけども、個人的にはすごい評価をしています。

と言うのも、今回の緊急帰国の件で、日本の先進医療にとてもびっくりしているから。

自分の中でとてもタイムリーなのでとても嬉しい。



自分のここ数ヶ月の体験から意見や感想を述べさせてもらうと、

途上国の医療問題と言えば、大きく分けて2つの問題があると思います。

1つは、日本のように健康保険がなくて、

貧困層の人々が病院にかかることができないこと。

健康保険がない国は先進国にもあるけど、

お金がある国とお金がない国では事情が変わってきます。

因みに、ケニアの例で例えてみると・・・。

僕がナイロビの病院に通院していたときにかかっていた金額は1回6000円程度。

でも、スラムに住む人々の収入は個人差もあるけど、

*一月あたり2000円から3000円ぐらいが相場だと思います。

つまり、一番人口が多いとされている貧困層の人々は

なかなか病院にかかれないのが現状です。

そういった貧困層の保健に関する問題が1つ。



もう1つは、医療技術の遅れです。

今回、右耳の感染症で途上国の病院と日本の病院の2つにかかることになりましたが、

患者という目線で2つの病院を見比べてみると、

やはり日本の医療はとても進んでいると思います。

今回は耳鼻科という診療科目だけでの話になりますが、

耳鼻科の診療科目1つだけをとってもその差は一目瞭然で、

素人の僕にでもその差が良くわかりました。

まず、日本の診察室でできる治療が、途上国(たぶんケニアだけの話ではない)では、

オペ室(手術室)扱いの治療になってしまったり、

検査機器1つをとっても、途上国では頭部全体しか

CT(レントゲンのようなもの)が撮れないのに対して、

日本では、耳の一部だけを確実に鮮明に撮影できてしまったり。

とにかく医療機器や医療技術に差がありすぎて、本当にびっくりしました。

だから、仮に途上国にスーパードクターといわれる超優秀なお医者さんがいたとしても、

きっとその力は100%発揮できるわけではないのだと思います。



じゃぁ、なぜ医療機器や医療技術にそんなに差が出てしまうんでしょうか。

やっぱり、お金の問題だと思います。

今回僕自身がかかっている病院は、どちらとも国立(日本は元国立)の病院です。

そうなると、多少なりとも国の予算が付いてくるんだと思うんですが。

それでもこんなに医療機器に差が出てしまうのは、

やっぱりその国の財政状態にあるんじゃないのかなと思います。

最新の器械に買い換えたり、最新の器械を増やしたりしたくても、

結局はお金がないから買い換えたり増やしたりすることができないんだと思います。

貧困層の人が病院に行けないのも大きな問題ではあるけれども、

病気になって行った病院の医療レベルが低ければ、

せっかく治る病気や助かる命が無駄になってしまうのではないかと思うのです。

そういうことから考えると、今回のセコムのインドでの病院経営というのは、

途上国の医療問題にとって大きな前進だと思ういます。

さらにセコムは、日本から指導医などを派遣して、

現地の医療スタッフの知識や技術力を高めていくことも考えているそうで、

現地の人たちが将来的に自分たちの力で先進医療を行っていくことも考えているようです。


途上国の医療の発展のために、ビジネスに参入するセコム。

インドでの活躍に期待しています!!



*一月あたりの収入に関しては、
各世帯に実際に調査を行ったわけではないので確実な数字ではありません。
僕自身のこれまでのボランティア活動で、
実際にスラムに住む住民の人々と話す中で出てきた金額です。

Posted on 2012/06/18 Mon. 09:16 [edit]

category: ニュース

thread: 医療  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 0    CM: 0

18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。