05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.67】教え子からの手紙 

久々に教え子からメールが来た。

アドレス変更の案内メール。

内容はただそれだけ、最近の近況などは書かれていない。

この子はいつもそんな感じでメールを送ってくる。

でも、そのメールが嬉しい。

「あ、元気にしてるんやな。」って思える。

最近は自分の活動も軌道に乗ってきて、正直、日本の教え子を気にかける暇がない。

でも、いつでも思うのは、

どんな風に成長してるんやろう?どんな風に変わったんやろう?

ということだ。

だから、アドレス変更のメールをよこしてくれるだけでも本当に嬉しい。

たぶん、教師の性だと思う。

話は変わって、ある一人の教え子とTwitter内で会話をする機会があった。

まだ、高校1年生だというのに、真剣に進路のことに悩んでいる様子だった。

まぁ、自分が担任をしていた頃から、

その教え子は、人一倍まじめで人一倍周りのことを考えている生徒だった。

だから、その教え子は周りからの人気者だった。

いじられキャラは、担任だった自分ゆずりだろうか?(笑)

そこらへんは良くわからないが、とにかくいいやつだ。

そんな教え子が、彼らしい将来の夢を胸を張って語ってくれた。

そういえば、自分も20代が過ぎるまで、彼のように夢を持って生きていた。

今から書こうと思っていることは、自分の本音であり、

素直な気持ちなので、変に受け取らないで欲しい。

社会人、大学への復学、教員、協力隊。

正直なところ、今まで自分は全ての夢や目標をつかんできた。

胸を張ってそれは言える。

けれども、目標や夢をつかんだ後というのが本当は大事で、

自分の場合、多くの場面でそのことを大切にしてこなかったから、

全てが中途半端で終わっている。

教え子の夢を聞いて、そんな自分に気づいた。

そして、全て中途半端でつかんできた夢は全て中途半端で終わる。

協力隊員に合格してケニアに来たとき、

『次の夢や目標が見当たらない。』

そんな気持ちに陥ったことがある。

今はそんな気持ちは全くないが。

2年前、多くの子どもたちの前で、

『自分に正直に生きなさい、夢を大切にしなさい。』と、いってきた自分が、

果たしてどれだけ有限実行できているだろうかと疑問に思うこともある。

少なくとも、教え子に対して嘘偽りのない自分でいたいと思う。

それが教師としての仕事だと思うからだ。

卒業しても、子どもはいつまでも自分のことを「先生」として見るだろうし、

実際に、自分も恩師のことを今でも「先生」と慕っている。

だから、これからも前を向いて、自分に偽りなく生きていきたい。


スポンサーサイト

Posted on 2011/10/05 Wed. 16:02 [edit]

category: つながり

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://miminibenzo.blog69.fc2.com/tb.php/84-71df280e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。