03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.65】職種変更しようかな・・・? 

表題の件ですが、正式には青少年活動を貫きます。

けど、活動のスタンスを村落開発普及員的な動き方にすることも必要かなと最近思うのです。

というのも・・・

我が配属先のカベテ更生学校の職業訓練に

服飾とベーカリー(パン工房)ができた話はちょっと前のブログで書きました。

でもね、見てる感じが本当に先細りなんです。

ベーカリーにしても服飾にしても修了証書は恐らく出ていないから、

子どもがいくら手に職をつけても、恐らく職にはつくことができない。

だから、せっかく頑張ってもカベテ更生学校を出たあとに待っているのは厳しい現実。

これが現実なんだけど、修了証書を出せるようにするためには、

やっぱり巧みな技術を身に着けさせないと、就職の可能性は低くなってしまう。

ということはやっぱり、まずは職業訓練を軌道に乗せさせることが必要だという結論に達しました。

ということで、昨日から職業訓練の先生とできるだけ話をするようにしました。

昨日聞いたのは、

新しい職業訓練が始まってから1ヶ月経ったけど感想はどうですか?

ていうこと。

まだ、服飾の先生にしか話が聞けてないけれども、

先生はきっぱりとこういいました。

「予算がなさ過ぎて、教材が買えない。」

思ったとおりだな~。

だって、この服飾の先生ですら非常勤勤務なんだから。

今は、先生が雇えるだけましなのかもしれません。

授業の様子を見せてもらったけど、

先生なりに四苦八苦しながらミシンの使い方を教えている様子。

糸も布もないから、紙にボールペンで線を引いて

そこにミシンの針を当てて、ミシンをまっすぐに進める練習をさせている。

全部で12名の生徒がいるらしいけれども、ここ1ヶ月はずっとそれをしているとか。

手縫いの縫い針や布もないから、ボタンの縫い付け方すらも教えられないそうで、

想像はしていたけれども、このままじゃ軌道に乗らずに終わってしまいそうな気がしてます。

一番理想的なのは、

予算が取れないんだったら、子どもたちに物を作らせてそれをどこかで売って教材費を稼ぐ。

これが一番簡単で手っ取り早い。

けど、どうやって・・・?

お金が絡んでくる以上、マネージャーやディピューティーマネージャーも

巻き込んでいかなくちゃいけないしなぁ。

マネージャーがどれだけ理解を示すかがキーになってくるけども・・・。

自分の中でも、服飾の先生がまじめな人なのかどうかはまだ定かじゃない。

でも、自分が教室の見学に行くと、一生懸命説明してくれた。

今のところすごくやる気を出して仕事に取り組んでいる様子が伺えるし、

この人が腐ってしまったら、子どもたちに悪い影響が出てしまうのが目に見えてる。

ということで、お金が無駄になるのを承知で、

教材を少しかき集めてみようかと思う今日この頃。

いきなりたくさんのものを与えるんじゃなくて、

少しのものを与えてどれだけ頑張りを見せるか。

それをみてみようと思う。

あんまり人を試すのは好かんけど、1年間活動をしてきて得た知識でもある。

試した結果に対してどう動くか。協力隊の活動はその繰り返しです。

なんとか職業訓練が軌道に乗せられるようにお手伝いしてみようと思います。


スポンサーサイト

Posted on 2011/09/30 Fri. 11:42 [edit]

category: ボランティア活動

TB: 0    CM: 0

30

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://miminibenzo.blog69.fc2.com/tb.php/82-d6943aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。