09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.60】立ちションと野グソとときどき私 

ターム3に入って、朝のレクレーションを再開。

最近は、同僚も朝のレクレーションを手伝ってくれるようになってくれた。

が、いきすぎな面々も多々見受けられ、この前、同僚と話し合いをした。

レクレーションが始まる前に、軽くグラウンドを走られていたのだが、

同僚が入ったことによって、朝のジョギングがガチの短距離走に。

まぁ、トレーニングとしては良いからそこは譲ることにした。

が、規定タイム内に入れない子どもは叩かれていたりしたので、

そこは話さなあかんなと思って、話し合いをした。

「なぁ、規定タイム内に入れないからっていって叩くのやめようぜ?」

「もっと他のやり方があると思うねん。もう1周多く走らせるとかさ。」

そんな提案をして色々話を詰めた結果、規定タイム内に入れない子どもは、

近くの沢まで行って、頭に水をつけてくるという罰ゲームに決まった。

ここらへんのケニア人の感覚がいまだに理解できひんけど、

まぁ、叩くよりましやわな。



ということで、一昨日から朝の罰ゲームマラソンに付き添うことに。

が、案の定、子どもたちは道草を喰う喰う。(笑)

沢に行くまでの途中、牛やヤギにであうのだが、そのヤギや牛と戯れる子。

道ばたに生えてる草をむしって、遊びだす子、立ちションをする子、

そこまではいいのだが、野グソをしだす子どもには驚いた。(笑)

まぁ、生理現象なので、そこは見てみぬ振り。(笑)

子どもが野グソを終えるまで、影で見守ってやる。

時間差で香ってくる、野グソのかほり。(笑)

まぁ、でも考え方によっちゃ、

大自然の中でゆっくり野グソができるのも、ある意味贅沢なのかもなぁ。

そんなこんなのやり取りをしていると、罰ゲームランから帰ってくるときには、

すでに朝のレクレーションが終わっていて、授業が始まっている。

そこからまたまた戦場。

こんどは子どもたちが授業のエスケープをしないように敷地内を見回って、

エスケープしている子を見つけたら、世間話をしながら教室に連れて行く。

もう、立ち位置が完璧、公立中学校の特別支援員の先生と一緒。(笑)

おかげさまで、教師としての自分のスキルが一皮向けつつある今日この頃。

でも、こうやって時間をかけて子どもと関わってやると、

本当に子どもって落ち着くんやなぁと、最近感じる。

もちろん、子どもが自分に慣れたというのもあるけれども、

自分が配属先の環境に慣れたというのもあるけれども、

派遣当初から比べると、子どもたちは少しずつ落ち着きだしている気がする。

力づくで子どもをコントロールするよりも、

時間をかけて子どもをコントロールするコツを見つける努力をしてきてよかったと思う。

今日は活動中日で朝レクの後は放課後まで活動なし。

さて、中間報告の資料でも作りますか。


スポンサーサイト

Posted on 2011/09/14 Wed. 10:00 [edit]

category: ボランティア活動

TB: 0    CM: 0

14

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://miminibenzo.blog69.fc2.com/tb.php/76-88851762
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。