07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.59】Hug=抱擁 

hug(ハグ)=抱擁

日本の文化では、滅多に人前ではしませんよね。

でも、ケニアではよく目にする光景です。

僕の任地では、よくマタツ(乗り合いのミニバス)乗り場やアパート周辺で目にする光景なんです。

僕は、そんなhugの文化が、実は大好き。

マタツ乗り場などで家族や友だち、恋人同士などがhugしている場面に出くわすと、

なんだかとても気持ちがほのぼのとしてきます。

hugに垣間見えるその意味合いは、Peaceそのもの。

あなたのことを信じています。あなたのことを受入れてます。

そんなメッセージがhugにはこめられているような気がします。




僕が始めてhugの文化に出会ったのは、28歳の頃。

アメリカに短期留学していた頃です。

そのころから、日本人以外の友人とはhugであいさつすることが普通になりました。

そんな経験をしてから、ケニアに協力隊員として派遣された当初のこと。

配属先の子どもたち(特にちっちゃい子)が、

毎朝のように僕にhugをしてきてくれていました。

その当時から、つい最近までの子どものhugの印象は、

「あ~、この子たち愛情に飢えてるんだなぁ。」

というものだけでした。

たしかに、歳相応の子どもが遠くから駆け寄ってきて、

力強くhugしてくるのは、愛情不足というのも否めないけど。

でも、その印象ががらりと変わったのは、つい先週のこと。





語学研修や、その他もろもろのストレスを抱えたままクタクタになって任地に帰り、

久しぶりに子どもたちと再会して、久々に子どもたちとhugを交わしたとき、

何だか自分がとっても心地よい気持ちになりました。

あ、自分が子どもたちに受入れられてる。

今までこんなことは少しも感じなかったのに。

何だかとても嬉しくて気持ちよくて安心できて、気持ちが暖かくなった不思議な瞬間。

Peaceってこういうことなのかな?

人のことを受入れて、自分が受入れられる関係。

これがPeaceっていうことなのかな?

なんか、上手くいえませんが・・・。

う~ん。今までの自分のhugは何だったんだ?

こと、配属先の子どもに限って言えば、

気持ちのどこかで、「かわいそうな子どもたち」という気持ちでhugしていた気がする。

全く気持ちのないあいさつだったんだなと、ちょっと自己嫌悪。(苦笑)

次の日から子どもたちとhugするときは、

心の中で「Asante(ありがとう)」と言うことにしました。

hug=愛情のシェア。

子どもたちに愛情を注ぐ代わりに、僕も子どもたちから癒しをもらえる。

そんな気づき(かどうか分かりませんが)を得ることができました。

子どもとの朝一のhugは一日の活動に「頑張ろっ!」っていう活力を与えてくれます。

そんな朝一のhugが明日も楽しみ。

明日から始まる1週間。

どんなドキドキやワクワクが待っているんだろう?

スポンサーサイト

Posted on 2011/09/11 Sun. 21:11 [edit]

category: ケニア文化

TB: 0    CM: 0

11

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://miminibenzo.blog69.fc2.com/tb.php/75-68a5b2ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。