07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 09

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.43】KESTESミーティング 

*・――――――――――;・*・――――*・**―・*・*∵――――――――――――――――――*∵

l BenzoのWeb通信 ――・*・∵

l がじゅまる通信

l【本日のおしながき:KESTESミーティング】

l                               Vol.43

*∵―――――――――――――――――――――*2011年5月16日発行*∵――――――――*∵

こんばんわ。ケニアよりBenzoです。

最近もらったたくさんの手紙類を読んでいて、ふと思ったことがあります。

「高校生の頃何してたかなぁ・・・?」

思い返してみると、中学のときにやっていた卓球を続けようと思ったけど、

誰も入らなくて、存続不可能という事で、卓球部に入れず・・・。

しょうがないから3年間帰宅部を決め込みました。

高1の夏、学校で夏休みの補習があって、

そこでたまたま教えてもらった数学のO先生に出会い、

O先生は元青年海外協力隊のタンザニアの理数科教師隊員で、

授業そっちのけで、キリマンジャロの話とか、カメムシを食べた話とか、

ジャイアント野ネズミやジャイアントコオロギを食べた話とかをしてくれました。

(ちなみに、Benzoは野ネズミもカメムシもコオロギも食べてません。

ザンビアの同期は芋虫を食べたとか食べななかったとかいう話をききましたが・・・。)

そのときに初めて青年海外協力隊に興味を持ったと思います。

実は協力隊は2回ぐらい諦めてます。

1回目は、高校での英語の成績が思わしくなく、英語だけではなかったけど、

自分は国際人に向いていないとあえなく断念しました。

高校のときは、両親に本当に迷惑ばかりかけてました。今もか。

2回目は、教員になる前に協力隊の試験を受験して1次試験で落っこちたとき。

で、諦めたのですが、結局諦めきれずにケニアまで来ちゃいました。(笑)

今は青少年活動隊員として活動していますが、

自分の中学校教師としての経験を少しでも生かして活動できたらいいと思っています。






●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●


        KESTESミーティング


●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●

書こう書こうと思って、今まで書けなかったKESTESネタ。

表面上はゆる~くやってそうに見えるKESTESなのですが、

会議になるとめっちゃ真剣なので、内容も盛りだくさんということで、

どうやって書こうか迷っていたのです。

そうこうする内に5月も中旬!!今あわてて書いているというわけです!!(汗)

きっと今書かなかったら、絶対書かなくなるから今書きます。

4月30日にKESTESのミーティングがありました。

今回のミーティングの目的は、現在支援している生徒の成績状況や生活状況の確認のため。

そして、新たに候補にあがった3人の奨学生を支援するかどうかの審議のため。

そしてそして、どうやって財源を作っていくかの話し合いについて。

この内容で8時間近く会議しました。




生徒の成績状況や生活状況を知ることはとても大事なことです。

成績は学年トップ20位以内か、C+以上でないと奨学生としての資格を失うからです。

ということで、KESTESの求めている成績を取らせるべく、

奨学生担当の隊員さんが、親代わりになって「勉強せぇ!!」とハッパをかけてます。(笑)

また、勉強したり学校に通ったりするには学費のほかにそれなりのお金もかかってくるので、

そうしたものにかかるお金を財源から出すのか、

それともKESTESメンバーで支援しあうのかについての話し合いも持たれました。




次に話し合われたのが、新たな奨学生の受け入れについて。

その子の成績はKESTESが求めている上位20位以上かC+の成績なのか、

家族は何人で、どんな家に住んでいて、どんな生活をしているのか、

協力隊員が支援することによる、周りからのネタミなどでいじめに遭わないか、

などなど・・・。

家族状況を調べていったりすると、片親だったり、孤児だったりと、

子どもたちの抱える状況は本当にすさまじいものです。

それでもどこかにチャンス(学費)を求めながら、

勉強をしている子たちがほとんどです。

学費が払えない場合は、定期テストが受験できなかったり、

進級できなかったり、学校を追い出されたりすることもあるので、

子どもたちはお金に不安を抱えながら勉強しています。

そういう状況の子どもたちを少しでも助けることができたらという思いで

KESTESは活動しています。





奨学生として受入れられたあとも、周りからのネタミなどを買うこともあるので、

そのときはどうフォローしたらいいのかなどの話し合い等も行います。

貧困層はなかなか貧困から脱出できないのがケニアの現状。

(ケニアだけではなく、他の国も同様です。)

そうした状況の中で、ある日突然お金持ちの外国人がスポンサーについた

ということがネタミの原因となって、いじめなどが起こることも・・・。

とても悲しいことですが、そういうことが起こるのも事実です。

そうした事態にならないように、協力隊員はどんな動き方や関わり方を設楽いいのかが、

時間をかけてとことん話し合われるのです。

そして、この子だったら確実に支援できると判断された場合、

子どもたちはKESTES奨学生として受入れられます。

今回は新たに2人の学生がKESTES奨学生として受入れられることになりました。




ところが、めでたく奨学生が増えたものの、

奨学金を捻出(ねんしゅつ)する財源がちょっとピンチになりかけてるということで、

どうやってお金を集めようかという話し合いが持たれました。

KESTESは原則募金イベントを基本としているのですが、

現状、自分たちの自助努力が足りないんじゃないのかということになり、

それぞれの任地などで募金活動を少しでもしていきましょうということになりました。

Benzoは、協力隊員向けのカフェをやるという提案を出して、カフェのリーダーになりました。

まとめ役大変やけど、がんばります。

カフェのことについてはまたいつか書きますね。




その他、もっと広報活動も必要だということで、ホームページも作ることになり、

そのホームページ作成のお手伝いもすることになりました。




ということで8時間にわたって行われたKESTESミーティング。

3回目の参加ですが、やはり今回も心身ともにハードな会議となりました。

会議終了後には協力隊員が集まってチャリティーバーベキューをしました。

参加者1人当り食費として1,000Kshを集めて、

あまった食費を全額KESTESに募金するというシステムを採用して、

10,600Kshもの金額が集まりました。

この金額は、一人の子どもの年間学費の約3分の1に相当する金額です。

なんか嬉しかったなぁ。今後のKESTESの活動も頑張ろうっと!!

KESTESの応援よろしくお願いしますね。
スポンサーサイト

Posted on 2011/05/16 Mon. 23:34 [edit]

category: KESTES

TB: 0    CM: 0

16

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://miminibenzo.blog69.fc2.com/tb.php/54-9d6cc278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。