03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

ハートniシュート@ゲタスル更生学校 

*・――――――――――;・*・――――*・**―・*・*∵――――――――――――――――――*∵

l BenzoのWeb通信 ――・*・∵

l がじゅまる通信

l【本日のおしながき:ハートniシュート@ゲタスル更生学校】

l                                             Vol.23

*∵―――――――――――――――――――――*2010 年12月12日発行*∵――――――*∵

こんにちわ。みなさんお元気ですか?

ここ最近、ボランティア活動に関することが盛りだくさんで、少し忙しかったBenzoです。

とうとう今年もあと1ヶ月をきりました。1年過ぎるのって本当に早いですね。

去年の今頃といえば、青年海外協力隊に参加するかしないかで悩んでいました。

で、今はケニアにいるBenzo。振り返ってみたらかなりバタバタしていて、

やることも多かった1年。ちょっと振り返りをするにはまだ早いですが、

すっごく忙しかったのに、不思議とストレスが少なかった。

たぶん、めっちゃ充実した1年を送ってきたのかもしれません。

そんなBenzoも、ここのところ自分のボランティア活動を試行錯誤しながら始めました。

言葉は通じない、相手が何を言っているのかわからない、

そんな状況で悔しい毎日を送ってるけど、何かめっちゃ楽しい。

村の人たちが毎日、Tomohiro! Tomohiro!って挨拶を交わしてくれる。

できるだけつたないスワヒリ語で挨拶するけど、めちゃくちゃなスワヒリ語でも

村人は理解しようと努力してくれる。そんなケニアが少しずつ好きになっていきます。

活動自体はじめたばかりで、形にも何にもなっていませんが、ぼちぼちやっていこうと思います。





●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●

   ハートniシュート@ゲタスル更生学校

●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●´ω`●


11月27日。Benzoの学校の向かい側にある、ゲタスル更生学校へ行ってきた。

ゲタスル更生学校は、Benzoの働くカベテ更生学校と同じく軽犯罪を犯した子が収容されている。

ただカベテ更生学校と違うのは、裁判の審判が下るまでの間の収容施設で、

長くても収容期間は3ヶ月と短い。更生学校にも2タイプあって、

カベテ更生学校のように審判が下った子どもたちが3年間収容されて、

更生プログラムを受けるタイプと、ゲタスル更正学校のように、

審判が下るのを待っている子どもたちが収容され、更生プログラムを受けるタイプがある。

で、話を元に戻すけど、ゲタスル更生学校へ行ったのは、サッカーの審判をするため。

ゲタスル更生学校で、青年海外協力隊(J.O.C.V.)によるサッカーイベントが行われたんだ。

そのイベントの名前がハートにシュート。

ケニアの青年海外協力隊には「ハートにシュート!」という有志で隊員が集まって、

サッカーを通してケニアの子供たちと交流を深めるプロジェクトがあるんだ。

その趣旨は、ただ純粋に草サッカーを楽しんで、

隊員たちががむしゃらにボールを追いかける背中を見て、

ケニアの子どもたちが何かを感じ取ってくれたらという「気持ち」の部分にスポットを当てている。

そのハートにシュートのお手伝いをしに行ったというわけ。

当日は、ナイロビ日本人学校の子どもたちも参加してくれて、

ちょっとした国際試合何かもすることができた。

日本人学校の子どもたちと国際親善試合


そして、J.O.C.V. VS ゲタスル更生学校の試合に日本代表のユニフォームを着て、

後半の30分間を右サイドバックとして出場した。

協力隊員 VS ケニアの子どもたち


試合結果は5-1で勝ったけど、勝ち負けが全てじゃない。

このイベントに参加してみて感じたことは、

更正学校の子どもたちが何か目的を見つけなあかんということ。

そのために、何か目的になるようなもののきっかけを与えてあげなあかんということ。

なんでそんなことを思ったかというと、

子どもたちの目がすごく輝いていたことが印象的だったんだよね。

この1ヶ月、自分の更正学校でクラブ活動としてサッカーを指導してきたけど、

大会とかそういうイベントがないから、なかなか練習に集中できないというのが現状なんよね。

でも、もしちゃんとした大会やイベントがあったら、

きっと彼らも練習に真剣になってくれるんじゃないかって思ったんだ。

日本の中学校では、春、夏、秋って3回の大会があるやん?

みんな、それに向けて一生懸命練習すると思うんやけど、

そういう機会がここケニアの更生学校の子どもたちにはない。

目標に向かって努力することを伝えるには、

大会のようなものがあったらいいなと思うBenzoなのです。

とはいっても、活動が始まってまだまだ1ヶ月。

Benzoにはケニアの全てが見えていないのが現状です。

もっともっと視野を広げて、ケニアの子どもたちと何かを作り上げていきたいなぁ。

試合前のケニア隊協力隊員


スポンサーサイト

Posted on 2010/12/13 Mon. 00:15 [edit]

category: ボランティア活動

TB: 0    CM: 0

13

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://miminibenzo.blog69.fc2.com/tb.php/24-81853e7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。