05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

がじゅまる通信No.10 

*・――――――――――;・*・――――*・**―・*・*∵―――――――――*∵

l BenzoのWeb通信 ――・*・∵

l がじゅまる通信
l                               Vol.10

*∵――――――――――――――――*・2010 年7月3日発行*・*∵―・∵

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【今週のおしながき】


  カメでいいんだって^-^


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★






□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□*:;;;:*■□*:;;;:*□■*:;;;:*□■
   
   カメでいいんだって^-^
  
□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□*:;;;:*■□*:;;;:*□■*:;;;:*□■

今日は、中3生を対象に通信を書いてみたい。期末テストも終わって、

もうそろそろ夏休み。部活の大会も最後だし、もうすぐ夏休みだしで

ちょっと浮かれている人が多いかも。そんでもって、学校の先生から

「期末テストが終わったからって、まだ夏休み気分になるのは早いぞ!」

なんて、激を飛ばされている人もいるんじゃないのだろうか。

まぁ、Benzoも公立中学校で教員をやっていたときは、そんなことを

よく言っていたっけ。

出だしがこんな感じだから、もうわかっている人もいると思うけど

今日は進路のことについて書いてみたいと思う。

きみたち(公立中学校の人)は、生まれて初めて自分の人生を選択

するわけですな。学校の先生たちは、だからこそしっかりやらない

といけない、ってな感じでプレッシャーをかけてきていることだろう。

もちろん、長い人生の中でここぞと言うときの選択では、しっかりと

考えないといけないときがある。

けれども、Benzoは声を大にしていいたい。失敗は付き物だということを。

最近よく思うのだが、日本の社会は失敗が許されない社会のような

気がしてならない。けれども、Benzoは失敗してもいいと思う。

むしろ、たくさん失敗したほうが、長い人生を考えたとき、

あとあとになってすごく得だと思う。

そりゃ、失敗するより成功するほうが嬉しいに決まっている。

けれども、たくさん失敗したほうが、生きていく上で勉強になる

ことを沢山知ることができる。

だからこそ、沢山失敗して欲しい。

いちばん肝心なのは、失敗したときにどうはい上がるかなんだ。

それは、自分自身であみ出さないといけないんだけれども、

その力が備わったときには、きみはきっと失敗が少なくなる。

例えば、野球選手で、イチローなんかもすごい打者として世界中に

知られている。強打者だって言われているよね。

けど、イチローでさえも、7割ぐらいはアウトになっている。

ヒットを打てているのは3割程度だ。

けれども、まわりのイチローに対する評価は10割以上の評価をしている。

ここから、一つ言えることがあるんじゃないだろうか?

自分が目標を決めた時点で、10が頂上だとしたら、

自分の中で、最低3できるようにやるほうが絶対にいい。

もちろん、人間には10頑張って10できる人はいる。

けれども、それはほんの一部の人だ。

だいたいの人は、そういう人にあこがれて、

そういう人になりたがる。でも、みんながみんな、同じ能力を

持っているわけではない。10の中で5を目指してみよう。

そうすると、おそらく3に到達することができるだろう。

3に到達するために精一杯頑張るんだ。

そうすると、自分の中では3だったものが、実は7だったり

9だったりすることがよくある。

中3生はこれからがしんどい時期だけれども、

絶対に頑張りすぎてはいけない。

頑張るよりも自然体。それが、実力を発揮する一番の近道だと思う。

ストレスがたまったら、1時間思いっきり寝るとか、

すっきりするまで思いっきり体を動かすとか、

絵を描いたり、楽器を弾いたり、ピクニックに行ったり、

料理をしたり・・・とにかく好きなことをしてみよう。

Benzoは「ぼちぼち」。そんなゆっくりなスピードでここまで生きてきた。

それが、結果的に自分の夢をかなえたような気がする。

もちろん、ゆっくりやってきたからそれなりに時間はかかったけれども、

それでも、時間をかけたから、その過程の中で沢山の生きるヒントを

見つけ出すことができたと思っている。

だから、みんなにはぼちぼちゆっくりやって欲しいと思う。

ウサギとカメなら、ぜひともカメになってほしいと思う。
スポンサーサイト

Posted on 2010/07/03 Sat. 23:31 [edit]

category: 自分ノート

TB: 0    CM: 0

03

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://miminibenzo.blog69.fc2.com/tb.php/2-c386cfae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。