09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.108】不審者の侵入 

今日は書くことがたくさんある。

活動が軌道に乗ってきて、落ち着いて周りが見渡せるようになったせいなのか、

最近いろんな発見がある。

そんな今日のひとコマ。

クラス7の図工の授業がなくて、とうとう我慢しきれず同僚と時間割について議論する。

昔の同僚であれば、授業を取るだけ取って授業にいかないということが殆どだったが、

最近の同僚は、授業を取るだけ取って、さらに授業を欲しがる。

授業にもちゃんと行っている。

1月は様子見で、同僚を観察していたが、どうやら授業を簡単にもらえそうもないので、

今日は、議論をした。昔の自分であれば、議論もせずにキレて終わりだったけど、

自分自身も更生されつつある今日このごろ。

そんな、子どもたちも先生もボランティアも更生されつつある、最近のカベテ更生学校に、

今日はちょっとした事件が起こった。

毎日3時過ぎにサッカーのリーグ戦を行うのだけど、

今日は、子どもたちの寄宿舎の鍵が開いてなくて、

鍵を管理する教員たちもなぜかいなかったため試合の開始が遅れた。

ちょっと嫌な気分になっていたら、悪いことは重なるもので、

自分が子どもたちの寄宿舎の鍵を開けたあとグラウンドに行くと、

グラウンドに見知らぬケニア人がいるではないか!

ケニア人は僕の姿に気づくと、僕のところに近寄ってきた。

で、話をすると・・・

こいつめっちゃ酒臭い!

で、そいつが言うには、

「酔っ払ってしまってタウンでマタツを乗り違えてここまで来ちゃった。

俺、マダレスラムに住んでるんだけど、そこまで帰る金がないから金チョーダイ!」

とのたまった。

マダレスラムはナイロビにあるいくつかのスラムのうちの一つ。

スラムの人の名誉のため、ここで注を付け加えますが、

スラムに住んでいても仕事を得てしっかりと働いている人はたくさんいます。

一方で、彼のように仕事もせず飲んだくれて家族に迷惑をかけている人もいます。

つまりスラムの住民の全てが酔っ払いというわけではありません。

しかし、話には聞いていたけれど、今日、初めてスラムに住む大酒飲みに会った。

僕の施設に来ている子どもの中には、酒に飲んだくれたおやじさんから虐待を受けてた子どももいる。

幸いその場にその子どもはいなかったが、

そうとわかれば一刻も早く敷地からこの酔っぱらいを出さなくてはいけない。

こういう人のためにはお金は渡したくないと思った僕は、

このケニア人に「ここは学校だから酔っぱらいのくるところじゃないよ。

さぁ、うちに帰ろうか。」と優しく言って、外に出そうとした。

ところがこの酔っ払い、「金くれ金くれ~。」と催促がうるさく、その場を動く気配ゼロ。

そこで、しょうがないから頼れるスーパー上司ミスター・ムエンジャに救援を頼むと。

ミスター・ムエンジャは「子どもたちよ、この人を外にお送りしなさい。」と一言。

「え?」と、思いもよらない展開に理解ができていない僕をよそに、

遠くでサッカーが始まらなくてイライラしていた子どもたちが、

一斉にこの酔っぱらいを取り囲み半分集団リンチのような雰囲気になった。

さすがにまずいと思い、今度は僕が酔っ払いの保護に回る。

テンションが上がると歯止めが効かないケニア人の気質は子どもも同じということらしい。

子どもの高ぶる気持ちを抑えさせようとその中に入った僕は、

こどもからパンチを一発喰らう。(いいパンチ持ってるよ、おい。)

結局、子どもの興奮は抑えることができないまま、集団の輪からたたき出される僕。(情けない。)

酔っ払いは子どもたちにボコボコにされながら外に追い出されていった。

このちょっとした事件について、同僚に「あかんやろ。」って言ったら、

全ての同僚が「あかんことはない。子どもも俺たちも間違っていない。」と答えた。

ケニア人の怖さを肌で感じた今日。

5年前の大統領選のときの暴動の片鱗を見たような気がした。

今年の年末は大統領選。無事に選挙が終わることを願います。

平和にいきましょ、平和に・・・。

おかげで今日はなんとも後味の悪い活動になってしまいました。




スポンサーサイト

Posted on 2012/02/07 Tue. 22:30 [edit]

category: ボランティア活動

thread: 青年海外協力隊(JOCV)  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 0    CM: 0

07

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://miminibenzo.blog69.fc2.com/tb.php/128-c4af341e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。