09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.104】うれしい変化と尊敬すべき人 

今日から仕切りなおして活動再開。

今日は嬉しいことが2つあった。

1つめ、初めて同僚が朝礼の場で子どもたちを褒めた。

今まではその役は自分だったけれども、今日は自分が褒める前に同僚が子どもを褒めた。

子どもたちが褒められた理由。

いつも子どもたちは、朝礼前にダラダラしていて朝レクすらもまともに始められない。

今までこの問題に、同僚たちはダラダラしている子どもたちが悪いと言ってきた。

けれども本当は、子どもたちを見えないところで誘導していない同僚が悪かった。

それを見抜いていたのが、うちのディピューティーマネージャーこと、ミスター・ムエンジャ。

去年8月にうちにやってきてから、教員たちにうまく子どもたちをコントロールして、

子どもが上手に出来たら褒めてやれと、ずっと言ってきてくれた。

今日、配属先に行くと、朝から同僚がてきぱきと動いていて、

すでに、自分の担当である朝レクが始まっていた。(汗)

自分も定時15分前に行ったのに、何か遅刻した感じになってしまった。

授業開始時間は8時半。

そして、朝礼の最後に同僚たちから子どもたちに毎日話をするのだけど、

その場で、同僚の一人、ミスター・チェベレが

『今日の君たちは時間より早く動けたから、授業が時間通りに始められる。素晴らしい!』

と褒めちぎったのだった。

その話を聞いた自分は、与えたかった変化が与えられたような気がした。

自分の教育観がミスター・ムエンジャと一緒なので、

自分の力はほとんど発揮できておらず、

ミスター・ムエンジャの働きかけによるものが大きいのだろうが、

この変化、素直に嬉しい。

子どもたちも、外国人である自分に褒められるよりも、

同じアイデンティティーをもつケニア人の先生から褒められたほうが嬉しい顔をしていた。

子どもたちが心から笑った瞬間だった。



さて、そんな朝礼が終わって、すぐにミーティングか始まった。

ミスター・ムエンジャがここでもその仕事ぶりを発揮してくれた。

今日の議題は子どもの水汲みについて。

うちの教職員住宅には水がない。

だから同僚たちは子どもたちを使って、自分の家まで水汲みをさせる。

ここらへんが封建的なアフリカを象徴していて、日本人の自分としては理解するのに時間がかかった。

そして、最近になってやっと子どもたちが大人に使われることは、

子どもたちにとってお手伝いをしている感覚に近いことがわかった。

ただ問題だったのが、今までの水汲みが授業時間中に行われていたこと。

同僚たちは、授業時間中だろうがなんだろうが、

水がなくなればいつでも子どもたちに水汲みをさせていた。

しかし、ムエンジャは会議の場でこういった。

『授業時間中に、子どもたちを使って水汲みをさせてはいけない。

水汲みをさせるなら、授業が終わった放課後の3時からだ。

子どもたちの勉強の妨げをする人は、教師としての資格がない。』

彼は、そう言ったのだった。

今までの、うちの施設では考えられない発言だ。

それに対して、同僚から文句がたくさん出る。

ミスター・ムエンジャはこういう文句にもしっかりと耳を傾けて説得を行う。

案の定、女性の先生からは、

『放課後に水汲みなんかしていたら夕飯作れないじゃないの!』

などという、文句がでてきた。

その他にも、男性の先生からも多々文句が出てくる。

内容を聞いていると、子どものわがままと一緒だった。

僕は、相変わらずレベル低いなーと思いながら黙って聞いていた。

ミスター・ムエンジャも説得を試みようといろいろと努力をしている様子で、

彼の仕事ぶりに感激していたが、話は平行線をたどる一方だった。

ところが次の瞬間、今まで黙って聞いていたミスター・ムエンジャが一括した。

『だめなものはだめ!

子どもたちの勉強時間を妨げるなら児童虐待でしかるべき措置をとる!

はい、今日のミーティングはこれにて終了!』

と、言ってミーティングを終わらせてしまった。

今日のミーティングを聞いていて、ミスター・ムエンジャの子どもたちに対する愛情が

計り知れないほど深いことに自分は気づいた。

こんなケニア人には今まであったことがない。

探せば他にもいるのだろうけど。

自分の上司に、こんな人がいる。

僕の職場は、本当に素晴らしい職場だ。

今日は朝からとてつもなく嬉しい気持ちになった。おかげで活動に精が出た。

明日も活動頑張ろう!!

『変化はゆっくりと訪れる』 byミスター・ムエンジャ




スポンサーサイト

Posted on 2012/02/06 Mon. 19:37 [edit]

category: ボランティア活動

thread: 青年海外協力隊(JOCV)  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 0    CM: 0

06

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://miminibenzo.blog69.fc2.com/tb.php/124-87dba6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。