03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.102】2月の目標 

早いもので年が明けて1ヵ月が過ぎました。

2012年のボランティア活動についてはいいスタートがきれました。

あとはこのまま波に乗って行けばいい。

問題は体調管理、自己管理。

環境のせい、周りのせいにして、

本当に今までどんだけ手を抜いてたかっていうのを

しみじみと感じる今日この頃。

頑張ったつもり、やったつもり。

一番あかん。

昔、ある人が言っていた言葉。

『教育に限界はない。』

そんな今月の目標…

【ボランティア活動編】

・去年11月に開催したハートにシュートのDVDの完成

・サッカークラブの活性化

今月はこの2つにしぼって活動しよう。

今日は訓練所同期で作った11班で作った

応援歌ベストアルバムを聞きながら。。。

あ~懐かしい。各国同期に会いてぇ。。。
スポンサーサイト

Posted on 2012/02/01 Wed. 11:48 [edit]

category: 自分ノート

TB: 0    CM: 2

01

【No.66】選手として、コーチとして 

最近、帰国後のことを良く考えるようになった。

といっても、不安から考えることが多くなったのではなく、

「ケニアに来て得たことを、帰国後どんな場所で発揮できるかな~?」って考えてる。

ケニアに来て一番の収穫はやっぱりサッカーだね。

協力隊に来る前は、校内人事でたまたまサッカー部の副顧問をして、

サッカーの「さ」の字もわからないまま、

協力隊の2次面接で「サッカー部の顧問してました。」ってなんとなく答えたら、

要請がサッカーの要請にピンポイントでぶち当たり・・・。

あわてて始めたリフティングの練習も実を結ぶことなくケニア入り。

この1年は基本から勉強する覚悟で、

ほぼ毎週日本人会のサッカー部の練習に顔を出させてもらい、

そこで自分なりにサッカーと向き合うこと1年間。

最近サッカーの素晴らしさに心底気がつきました。

嫌なことを忘れることができるほど楽しいサッカー。

自分が突っ込んでのめりこめば、例え一瞬でも自分を解放できるサッカー。

そんなサッカーの神様の魅力に取り付かれつつある今日この頃。

最近は、1秒でも長くピッチに立っていたい、

1秒でも長くプレーをしていたい。

そんなふうに思える自分が1年前の自分とまったくの真逆でびっくりする。

そんなサッカーの神様の魅力がわかってくるにつれて、

自分の活動にも力が入る。

自分の教え子たちにもっと魅力的な指導をしたい。

コーチとして、もっと子どもたちのレベルアップをさせてあげたい。

プレーヤーとしても、コーチとしても、どっちも楽しいサッカー。

できれば帰国後も、どこかでその機会があったらやってみたいと思っています。

そして、審判のライセンスも取りたいと思うようになりました。

その場所を、今からぼちぼち探し始めようと思います。

Posted on 2011/10/03 Mon. 18:56 [edit]

category: 自分ノート

TB: 0    CM: 0

03

【No.62】いい話みっけた! 

中間報告会も終わって、ほっと一息。

また、普段の活動が始まった。

今回の中間報告会は、自分を見つめ直す意味でもよかったと思う。

そんな今日の昼下がり。

偶然にも、旅仲間がTwitterでRetweetしているのを見かける。

「何が起こるかなんて誰にもわからない。」

ん?

と思って、Retweetを読んでみると、どうやら彼女の友だちのブログの話のようだ。

ふむふむ・・・

と思って、興味津々、彼のブログを読んでみた。

http://ameblo.jp/cafebar-smileearth/entry-11030895022.html

そこには、出会った奥さんのこと、奥さんと世界一周したこと、

サラリーマンを辞めて、Smile Earth Cafeというお店を始めたこと。

そんなことが書いてあった。

それを読んだ僕の感想。

何かこの人、とてもキラキラしてるな。

何かめっちゃまぶしかった。

こういうまぶしい人に、久しく会っていない気がする。

でも、それは周りにそういう人がいないのではなくて、

自分が物事や人を見るときのメガネがくもってしまっているからなんだと思う。

振り返ってみれば、今関わっている自分の近くにも、

そんな人たちがたくさんいるじゃない。

もっと吸収する気持ちやパワーが必要だと思いました。

それには、もっと外に外に出るようにしなくちゃね。

外に出るには、まず・・・メガネを拭こう。(笑)

メガネのくもりは心のくもり。(笑)

さて、メガネ拭きでもしましょうかね。(笑)

でも、今日はいい話に出会えて得した気分。(笑)

Posted on 2011/09/27 Tue. 13:27 [edit]

category: 自分ノート

TB: 0    CM: 0

27

がじゅまる通信No.14 

*・――――――――――;・*・――――*・**―・*・*∵―――――――――*∵

l BenzoのWeb通信 ――・*・∵

l がじゅまる通信
l                               Vol.14

*∵――――――――――――――――*・2010 年9月26日発行*・*∵―・∵

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【本日のおしながき】


  いってきます


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□*:;;;:*■□*:;;;:*□■*:;;;:*□■

いってきます
  
□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□*:;;;:*■□*:;;;:*□■*:;;;:*□■

こんばんわ。今日が日本最後の学級通信の更新になる。

書きたいネタが思い当たらんけど、ただ一つだけ、みんなに伝えたいこと。

いってきます、そしてありがとう、そしてそして、いつでもそばにいます。

だから・・・

受験勉強頑張れよ!

部活頑張れよ!

友達関係うまくやれよ!

自分自身から逃げるなよ!

Benzoも頑張るから!

次の、更新はいよいよアフリカの大地からの更新になる。

楽しみに待っていてください。

そんなきみたちに贈る歌。

『とおく とおく』 ←ここをクリック!

マッキーちゃうで!(笑)

Posted on 2010/09/26 Sun. 20:57 [edit]

category: 自分ノート

TB: 0    CM: 0

26

がじゅまる通信No.12 

*・――――――――――;・*・――――*・**―・*・*∵―――――――――*∵

l BenzoのWeb通信 ――・*・∵

l がじゅまる通信
l                               Vol.12

*∵――――――――――――――――*・2010 年7月31日発行*・*∵―・∵

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
【本日のおしながき】


  やりたいこととやるべきこと


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□*:;;;:*■□*:;;;:*□■*:;;;:*□■

やりたいこととやるべきこと
  
□■*:;;;:*□■*:;;;:*■□*:;;;:*■□*:;;;:*□■*:;;;:*□■

先日、Benzoの教え子に暑中見舞いを出した。すると、一部の子から返事が

返ってきた。しかも、嬉しいことに便せん3枚の長い手紙だった。

何よりも嬉しかったのは、Benzoが担任をしていた頃のクラスが面白かった、

授業が面白かった、もし叶うならまた授業を受けてみたい。

学校の先生にとってはこの上ないコトバだよね。ホンマにありがとう。

たぶんこの手紙は、Benzoの一生の宝物になると思う。

その手紙の中に、こんな質問があった。

「先生の熱意はどこからわいてくるんですか?」

熱意と言われると困ってしまう。たしかに、よくBenzoは熱いといわれることが

よくあるんだが、Benzoとしてはただ好きなことを楽しんでやっているだけだ。

もし、熱意と言うものがあるとすれば・・・

いつもワクワクすること、それが結果的に熱意につながっているんだと思う。

Benzoは公立学校で先生をしている頃、みんなに言っていたことがある。

「夢を大切にすること。」

夢は、自分の人生を描いていく上でとても大切なカギになる。

もしかしたら、きみたちにもたくさんの夢があるかもしれない。

その逆で、夢をもてない人もいるかもしれない。

夢がある人でも、こんな風に思っていないかな?

「もしかしたら夢をかなえられないかも。」

夢を持っている人で、「絶対にかなえてやる!!」と言う人は

もう大丈夫。Benzoの手助けはいらないと思う。

でも、ほとんどの人たちはそれ以外だと思う。

では、きみたちが夢をもてなかったり、夢を持っているのに

不安になったりするのは何でだろう?

答えは簡単だ。

きみたちのまわりの大人たちが必ずこんなことをいうからだ。

現実はそんなに甘くない

そんな夢叶うわけない

○○の仕事は本当に大変な仕事なんだから


心当たりはないかい?

Benzoは心当たりが大ありだ。

よく子どものころに言われたもんだ。

けど、大人になったBenzoが今、すごく感じることは、

やりたいことに挑戦する前からそんなこと言わんとって!

てこと。

やりたいことに向かって挑戦してみて大変なのか大変じゃないのかは

君たち自身が決めることで、周りの大人が決めることではない。

やるまえから、「できない」なんて言われて

「おっしゃ!がんばるぞ!」と言う気になれる人がどこにいるだろう?

不安になったり、将来に希望が持てなくなるだけだ。

Benzoにいわせりゃ、とってもナンセンス、ありえない。

まぁ、みんな安心してくれ。

きみの夢はきっと叶う。だからあきらめるな。

実際に、高校生のときからの夢を追いかけ続けてきて、

夢をかなえてきたBenzoがいまここで言ってるんだから。

心配するな。熱意ってもんは好きなことをしたときにこそ生まれるもんだ。

だから、自分の中のてっぺん目指して頑張ってほしい。

肝心なのは、周りの人との競争なのではなく、自分とのガマン比べだってこと。

このガマン比べが「やるべきこと」につながってくる。

確かに誰だって「○○がしたい」っていう夢を持つことは素晴らしい。

でも、その夢を持った以上は叶えなくちゃ面白くない。

例え途中で夢が変わったとしても、その夢に向かって行動しなくちゃいけない。

そこでやるかやらないかできみの人生が変わる。

そのときに、我慢できるかできないかはきみ次第。

例えば、今Benzoはスワヒリ語の勉強をしている。

本音を言うと、できればスワヒリ語なんか勉強したくない。

Benzoが行く予定になっているケニアではスワヒリ語のほかに英語が通じるからだ。

でも、スワヒリ語を勉強するのにはそれなりの理由がある。

Benzoが行く予定になっているケニアの施設では、英語が通じないことがある。

じゃ、英語が通じなかったら何でコミュニケーションをとるの?

日本語でコミュニケーションがとれるわけがないよね?

ケニアの人と仲良くなって、Benzoもケニアの人もお互いにハッピーになるためには

スワヒリ語を話せることがとても重要なんだ。

だから一生懸命勉強する。これができたら、ケニアの人と仲良くなれるっていう

Benzoにとってのご褒美があるってわかっているから頑張れる。

やるべきことって言うのは、好きなことのために必要なことなんじゃないのかな?

Benzoはそう思う。

熱意はあとからついてくる。

というか、好きなことをやっていると自分が熱意を持っている

って言うことには気付かない。

とにかく、きみのやるべきことは2,3年後にどういう自分になっていたいのかを

考えて、それに向かってガマン強く行動すること。

それがやるべきことであって、熱意になるんじゃないのかなと思う。

Posted on 2010/07/31 Sat. 00:09 [edit]

category: 自分ノート

TB: 0    CM: 0

31

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。