01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.» 03

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

【No.133】コースト独り旅③~同期の任地訪問その3~ 

こんにちは。気持ちだけケニアからBenzoです。

昨日、主治医の先生から条件付きでケニアに帰任してもよいと言われ、

興奮して深夜2時ごろまでなかなか寝付けませんでした。(笑)

最終的な判断はJICA本部が決定するのでまだなんともいえないところなのですが、

また一歩前進といったところです。

ケニアに戻ったら何から手をつけようと布団の中で想いをめぐらせていたら、

意外にもやることがたくさんあってちょっと焦りました。

さて、そんな今日この頃の療養生活を送るBenzoですが、

今日は久々に4月のコースト旅行の話の続きを書きたいと思います。



さてさて、同期まこっちゃんの任地訪問も後半に入り

そろそろモンバサに移動をしようかと考えていたところ、

活動から帰ってきたまこっちゃんが「明日ウンダニに行こうよ。」

と、誘ってくれました。

ウンダニはボイの町からマタツで2時間ほど行ったところにあって、

標高もナイロビに近いため、コースと近くの町とはいえとても涼しい場所なのだとか。

なぜ、まこっちゃんが突然そんなことを言い出したかというと、

前にも書きましたが、彼はコンピューター技術の他に、

自主的に日本語教育の活動をしています。

で、その日本語の授業もただ教えるだけではいけないと言うので、

実践的なアウトドアレッスンをしたいと考えていたらしいのです。

そんな矢先、僕がひょっこりボイに現れたので、

普段、教員として関わっているまこっちゃんのヘルプとして

急きょ、アウトドアレッスンのお手伝いをすることになりました。

アウトドアレッスン当日の朝、ボイのマタトゥステーションに集合し、

その後、マタトゥ1台を借り切ってウンダニまで行くことになりました。

ウンダニでのアクティビティーはハイキング。

ハイキングをしながら実践的に日本語を使わせようと言うのがねらいでした。

デジカメを持っていったけど、

前の晩に充電するのを忘れて写真が1枚しか撮れませんでした。(爆)

その貴重な(?)写真がこれ。↓

IMG_0778.jpg

朝のマタトゥステージで生徒たちに今日の予定の説明と指示を与えるまこっちゃん。

話を全く聴こうとしない生徒たち。(爆)

生徒たちは日本語の勉強よりもハイキングのほうが楽しみに見えたのは言うまでもなく、

っていうか、間違いなくハイキングのほうが楽しみだったに違いないことでしょう。(笑)

それでも笑顔を絶やさずにニコニコしながら話をし続けるまこっちゃん。

えらいわぁ~。短気な自分なら切れて怒鳴って一括してしまう。。。

見習わないといけないですな。

写真からもわかるように、彼の生徒はすでに高校を卒業しているので、

年齢的には20歳前後の生徒さんたちがほとんどです。

感じ的には、日本で言う専門学校生をイメージしてもらえればいいと思います。

そんな生徒たちと日本人2人の日帰り旅行がスタートしました。

とは言え、いざアウトドアレッスンが始まってみると

生徒たちは日本語の勉強に熱心に取り組んでいました。

マタトゥの中から見える山や畑などの景色を見て、

「ムワリム(先生)、あれは日本語で何と言いますか?」と

スワヒリ語と覚えたての日本語を駆使しながらムワリムまことに聞いていきます。

ムワリムまことも自宅から持ってきたカレンダーの裏を使って単語を書いて説明していきます。

アウトドアレッスンでは、文法のおさらいも大切だとは思いますが、

こうした実物の風景や建造物を見て、

そこから日本語の単語に興味を抱くのもとてもいいことだと思いました。

ウンダニに着くと、休むことなく早速ハイキング開始。

生徒たちは間近に見る家畜や動物、

道の向こう側から走ってくる車やバイクを見ては、

ノートを片手に質問の嵐。

けれども、ハイキングとは言え登った山が険しかったため、

頂上付近になるとみんな日本語の勉強も日本語の指導もできなくなり、

いつの間にか英語とスワヒリ語を交えたフリートークへと発展していきました。

生徒の一人に、

「何でそんなに熱心に日本語を勉強するんだい?

ケニアで日本語を勉強してもあまり使わないんじゃないの?」

と尋ねてみると、生徒は、

「漠然としか計画していないけれども、この学校を卒業したら日本で働きたい。

日本でエンジニアとして雇ってもらえる会社に入るために日本語を頑張って勉強しているんだ。」

と、答えてくれました。

一般的に、協力隊員が派遣されている配属先の同僚や生徒などは、

日ごろ協力隊員と接する機会が多くなるせいか、

日本のことに大きな興味を抱いてくれます。

けれども、その興味が一人歩きをして大きな幻想を抱かせてしまうこともよくあります。

僕と話をした彼の場合も状況は同じで、

日本の外国人労働に対する法律の厳しさや難しさを全く知りません。

たぶん、多くの日本人もこのことに関しては無知なのではないでしょうか。

僕自身も、大学でたまたま少しだけ学んだので知っていますが、

大学で学ぶ機会がなければ、我関せずといった状態になっていたことでしょう。

けれども、そのことを今朝会ったばかりの初対面の彼に話すべきかどうかを悩みました。

色々と考えて、彼にはその話をするのを止めました。

彼は日本に大きな夢を抱いて、日本語の勉強を始めたばかりです。

これが自分の教え子であれば、愛情を持って辛い事実について話すことはあるか思いますが、

自分の教え子でもない青年の大きな夢の足を引っ張る権利は自分にはないと考えたからです。

それに、仮に日本でエンジニアとして働く道が閉ざされてしまったとしても、

今彼が学んでいる日本語がどこで役に立つかわからないからです。

彼のようにアフリカの国で語学に励む学生はたくさんいますが、

そのほとんどは、将来の生活と直結した現実的な目標になっていると言うのが印象です。

ただ、現実的な目標を持つのはいいことですが、

それに伴うプロセスや筋道の立て方を途上国の学生はほとんど知りません。

協力隊員がきっかけで、日本へチャンスを求めて努力を始める学生がいる中、

そうした彼らへ、プロセスや道筋の立て方を少しでも教えていくことが、

協力隊員に課せられたもう一つの責任であるのかもしれません。

スポンサーサイト

Posted on 2012/06/26 Tue. 05:08 [edit]

category: 旅行

thread: 青年海外協力隊(JOCV)  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 1    CM: 0

26

【No.127】コースト独り旅②~同期の任地訪問その2~ 

こんにちは。気持ちだけケニアからBenzoです。

前回書いたコースト独り旅①の続編です。

初日から何日か立ってのお話。

もう2ヶ月以上前の話だから、細かい記憶が飛んでいます。

ごめんなさい。。。

まこっちゃんの任地訪問2日目か3日目に、

同じくヴォイの町で活動する新隊員ともみんの配属先を見に行きました。

活動が始まって1ヶ月ちょいで、

まだまだ軌道に乗るには時間がかかりそうだったともんみん。

まぁ、まだまだ時間はあるのでじっくりゆっくり活動してくださいな~。

思い出しますわ~。自分が配属先に配属になった最初の1ヶ月。

何もすることがなくて、配属先のグラウンドに寝転がってシエスタしていた日々を。

で、何となくヨガをやっていたら子どもたちが集まってきて、

一緒にヨガをするようになって、それから活動のネタをぼちぼち思いつき始めて。

そう考えると、きっかけはどこにでも転がっているもんだなぁと思います。

頑張れともみん!

IMG_0776.jpg


Posted on 2012/06/15 Fri. 17:28 [edit]

category: 旅行

thread: 旅行・おでかけしましょ  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 1    CM: 0

15

【No.122】コースト独り旅①~同期の任地訪問~ 

こんにちは。気持ちだけケニアからBenzoです。

以前、ブログでお知らせしたコースト独り旅。

今日から、何回かに分けて記事を書いていこうと思います。

さてさて、1回目は同期隊員まこっちゃんが活動しているヴォイという町の滞在記録です。

最初は3泊ぐらいでしか考えていなかったヴォイ滞在。

居心地がいいのと、風邪の病み上がりで体調が優れなかったのと、

急な展開で山登りしたのとで、結局ヴォイに5泊6日もしてしまいました。

彼の任地を訪れたのには、それなりの理由があります。

結局、旅行以降から活動の予定が大幅に狂ってしまって、

未だに活動ができていないBenzoですが、

その当時、ルーティーンになりきってしまっている自分の活動にかなりの不満が溜まっていました。

(今は、ルーティーンでもしっかり活動することが大切と痛感していますが・・・。)

そこで、そんな不満を払拭すべく、自分の活動の突破口を見つけるべく、

同じ学校隊員として活動し、さらには畑違いの分野で活動する彼の活動を見てみたかったのでした。

そんな彼が活動するヴォイの町は、ナイロビとケニア第2の都市モンバサの間にあり、

内陸部ではありますが、モンバサまで車で約3時間のところにあります。

ヴォイの町

彼は、コーストテクニカルと言う学校でコンピューター技術を伝える活動をしています。

その他に、日本文化を伝える活動や日本語教育など、

コンピューター技術の分野にとどまらず、幅広い活動をしていました。

初日は、まこっちゃんのメインの活動であるコンピューターの授業の見学。

学期末だったこともあって、メインの学生への授業は終わっていて、

スタッフに対するエクセルの授業を見学。

いまやアフリカでも、仕事にパソコンは欠かせなくなりつつあるんだなと思いました。

457714_332428556814277_731191230_o.jpg

その一方で、パソコンやネットワークの整備が遅れているアフリカ、

学生の場合、一生懸命コンピューター技術を勉強して知識を得ても、

卒業後、すぐに就職できる学生はほんの一握りだとか。

少し予断ですが・・・・

アフリカでは、本当に仕事に就くのが大変で、若者の就職難が問題視されています。

日本で言う、就職浪人をずーっと続けている人もいます。

本当に大変だなと思う一方で、その社会問題の中からアフリカらしさも見えてきます。

日本だったら、就職できない人は肩身の狭い想いをしますが、

アフリカでは、働き口がなくて困っている若者に、

家族が全面的なバックアップで支援をするのです。

支援といっても、一日三食のご飯と寝床ぐらいですが、

スラムなどの貧しい人々が住む場所などでも、

家族を支えあって嫌な顔や苦しい顔、辛い顔一つせず、

みんなで笑いあって生きています。

そんなアフリカらしさが僕は大好きです。


続いて、見学させてもらったのが放課後の相撲クラブ。

実は、彼は大学時代に相撲部で腕を鳴らしたというすごい経歴の持ち主。

自分には、こういう一芸に秀でるものがないので、

自分の特色を生かして活動するまこっちゃんが少しうらやましいです。

ただ、この日は学期末だったこともあって、学生はほとんどが帰省。

結局この日のクラブには、学生は一人も現れず・・・。

ん~。残念!!

461762_332631163460683_1282575226_o.jpg

ということで、柔軟をするスモウ・エンジニアの姿を一枚・・・。


Posted on 2012/06/12 Tue. 05:44 [edit]

category: 旅行

thread: 旅行・おでかけしましょ  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 1    CM: 0

12

【No.119】コースト独り旅~プロローグ~ 

こんにちは。(気持ちは)ケニアからBenzoです。

さてさて、今まで書こうと思っていてなかなか書けなかった

ブログの更新を再開します。

再開1発目のブログネタはケニアコースト独り旅。

今回、3月26日から4月10日まで、ケニア沿岸部のコーストを独りで旅してきました。

目的は、自分の知らないケニアをより深く知るため。

そのためにはどうしても独りで旅をし、一人で感じて、独りで考える時間が必要でした。

旅の終わり頃には、他の協力隊員と合流して何日か時を一緒に過ごしましたが、

今回のケニア旅行のほとんどが久々の独り旅でした。

その行程は・・・

3月26日にナイロビを出発し、同期隊員が活動するヴォイという町に約1週間滞在。

その後、ケニア第2の都市モンバサに2泊し、

自分の活動する施設と同系列の更生学校の訪問・見学をしたかったのと、

帰国に向けたお土産の物色。(おまけ)

その後さらに、タンザニア国境近くのシモニと言う漁師町まで足を伸ばし、

観光と現地の人との会話をしてきました。

その後、またモンバサに戻り、他の協力隊員たちと合流。

そこから4日間、スキューバダイビングのライセンス取得のために、

ダイビングスクールに入学して、ダイビングの訓練を受けてきました。

そして最終日の4月9日、不幸にも感染症にかかると言う、

いらないお土産をもらって、4月10日ナイロビに帰ってくるという、

全行程16日間の長旅に出てきました。

この長旅に関して理解を示してくれた配属先には本当に感謝。

そのおかげで、新たな発見やケニアの社会問題の再認識などなど、

とても自分にとってプラスの旅になりました。

次回から、何回かに分けてコースト独り旅の内容をお届けしていきます。

Posted on 2012/06/08 Fri. 10:12 [edit]

category: 旅行

thread: 青年海外協力隊(JOCV)  -  janre: 福祉・ボランティア

TB: 1    CM: 0

08

【No.55】ザンビアへ行ってきました 

8月18日から8月26日、ザンビアへ任国外旅行で行ってきました。

行ったところは首都ルサカと世界遺産や世界3大滝で有名なリビングストーン。

首都滞在の目的は、同期隊員の活動を見学するため。

英語を駆使してザンビアの大学生にしっかりと農学を教えている同期を見て、

自分ももっとしっかりと活動せにゃぁなって思いました。

別にサボっているわけじゃないけど、

いつものように気持ちばかりが先走りして、空回りしている自分とは打って変わって、

同期隊員の講義はそれこそ堂々たる物でした。

久々に同期に会えて、その日の夜は積もる話をたくさんしました。

二本松の訓練所から考えると約1年ぶりの再会。

訓練所時代の昔話に花が咲き、とっても楽しい一時を過ごすことができました。

L1000351.jpg

因みに、僕の右隣にいる人と、一番右端にいる人がザンビア派遣の同期隊員で、

訓練所時代は、この2人と一緒に班長という大役を仰せつかっておりました。

右端の彼が10班の班長で、僕の右隣が1班の班長、で、Benzoが11班の班長でした。

とにかく懐かしかった。



首都ルサカに2日間滞在したあとは世界遺産のビクトリアフォールがある街

リビングストーンへ観光。

滞在4日間で、自然とたくさんつながりました。

2日目はラフティングとサンセットクルーズ。

ラフティングの1コマ

ビクトリアフォールが注ぎ込むザンベジ川でアクロバットなスポーツを楽しみました。

これが日本にはない残された自然。

多少観光地化されて、人の手が入っていることは間違いないけれども、

少なくとも、ここリビングストーンは自然とともに人が暮らしている印象を受けました。

そして、自分は水がある場所がすきなんだなとつくづく思いました。

水があるとなぜかはしゃいでしまう。(笑)

とにかく子どもに戻って、川を下り、

川に飛び込んで川の流れに身を任せてみたりして、

自然に自分の体を融合させることがこんなに気持ちいいなんて!

本当にたくさん癒されました。

ラフティングが終わった後は、サンセットクルーズ。

夕日を見ながら湖を遊覧。

サンセット

まだまだ世界中に自然からの贈り物がたくさんあるんやなってこのとき思いました。

人が人工で作ったどんなものよりも、自然の美しさは勝るとも劣らない。

とってもきれいな夕焼けに、ひとり船中でほけぇ~っと見とれてしまいました。



さて3日目。宿で知り合った日本人バッパーと一緒にバンジージャンプをしにいくことに。

バンジーは百聞は一見にしかずということで、写真で見て感じ取ってください。

バンジーしてきまーす!

さぁ、バンジージャンプに向けてしゅっぱーつ!!

下を覗けばこんな高さ・・・((((´□`;))))

結構高いでよぉぉぉぉぉ。

さぁ、バンジージャンプだ!

とりあえずみんなで記念撮影。

バンジー直前、めっちゃ緊張してます。

私、トップバッターで死ぬほど緊張。。。。

とうとう跳んじゃいました!

ええい、ままよ!!!跳んでけぇ!!

終了後、回収される私。(笑)

バンジー終了後、スタッフに回収される私。

早く地面の上に立ちたい。

お疲れ様でした・・・。

みんな無事バンジージャンプ終了。

お疲れ様でした。

っとまぁ、無事生還いたしました。


その後、ビクトリアフォールの滝の上を歩きに行き、

マイナスイオンをたくさん浴びてきました。

滝の真上

滝の真上にかかる虹は神秘的なもの。

とても感動しました。


さて、旅行といえばお土産がつき物ですが、

ザンビアで一番気に入ったお土産が、

「ニャミニャミ」という水の神様の首飾り。

こう見えて、スピリチュアルなものには目がないBenzo。

ということで、買ってきました。

けど、帰りの飛行機の中で、お土産粉砕。

入れ違いで、後から行った先輩隊員に

「ニャミニャミ」買ってきてぇといってお願いしたのが下の写真。

水の神様「ニャミニャミ」

初めは何の形だかわからなかったけど、

活動の場にしていったら、

子どもたちが「それ、タツノオトシゴやん。」と口を揃えていう。

よくよく見ると確かにタツノオトシゴの形しています。

タツノオトシゴは水の神様なのかな??

Posted on 2011/09/07 Wed. 20:52 [edit]

category: 旅行

TB: 0    CM: 0

07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。